Print Shortlink

夜勤による健康被害

看護師はシフト制で働く事が多く、中でも夜勤は手当てが支給されるため、頑張って乗り切る方も多くいます。
しかし夜勤をする事により、健康被害を及ぼしてしまう可能性がある事も頭に入れておかなければいけません。
それらの被害の一つとして多くの看護師が直面している事は、睡眠障害です。

睡眠障害とは、昼と夜のサイクルと体内の時計が一致しないために起こってしまう障害の事を言います。
そのため昼間の勤務中に突然眠気に襲われたり、朝方近くなってもなかなか眠りにつけないという症状が出てきます。
この睡眠障害はどれだけ疲れて帰宅したとしても、睡眠がとれない事もあります。
すると次第に寝ようと思う気持ちが焦りに変わっていき、やっと眠りにつけた時間が出勤の時間に近く睡眠時間が短くなってしまうのです。

これらの症状が出てしまうと、当然仕事中にぼーっとしたり集中出来なかったりと業務にも悪影響を及ぼしてしまう事となります。
またそれだけでなく他にも女性の病気である乳がんになりやすくなるいった健康被害もあります。

これらの被害をなくすためには、睡眠障害となっている原因の勤務体制を見直さなければいけません。
その状態をいつまでも放置しておく事で、命にまで関わってくる事になりますので早めの対処が必要となります。看護師としてずっと働いていくためには、体が資本となります。
そのため質の良い睡眠と規則的な生活を心掛け、健康を維持していく事が大切です。

Leave a Reply