Print Shortlink

健康被害を受けないための食事への配慮

女性看護師にとって夜勤は健康被害をもたらしやすいものです。
現場によって忙しさこそ違うものの、日勤に比べると時間を持て余し気味になります。
しかし、ナースコールに速やかに対応したり、急患の際に速やかに現場に向かったりできるようにするために眠らないようにしなければなりません。
生活リズムが崩れてしまって体調を崩す人も多いのが事実です。

現実問題として苦労しがちなのはどのように食事を取るかということであり、夜勤に合わせた食事のリズムを考える人も大勢います。
ところが、一日限定でリズムを変えると胃腸にも負担がかかってしまい、健康被害につながってしまう場合も少なくありません。
基本的な姿勢として、食事のリズムを変えないように心がけましょう。
女性にとって身体が本来持っているリズムを崩さないのは生理の乱れを引き起こさないためにも欠かせない視点です。
睡眠も食事も全てリズムを見だしてしまうとそれだけ身体全体のリズムが狂うことになります。
食事のタイミングは日勤のときと同じにするように心がけると、一日程度の夜勤であれば身体にそれほど大きな負担がかかりません。
空腹に悩まされてしまわないように食事の量を変えて、食べる時刻は同じようにするように心がけるのが賢明です。

食事のリズムを維持するのは肥満や痩せを防ぐのにも役立ちます。
つい何かを食べてしまったり、食事を抜いてしまったりする人も多いからであり、決まった時間に食べるようにするとそういうリスクも回避できるのです。

Leave a Reply